【TECH x GAME COLLEGE #9】GCP で "○○しない" ゲーム開発をしよう

概要
“しないことを増やす”ゲーム開発

インフラ開発では、ゲームに直接関連する機能以外にも、ログ設計、監視など、考慮すべきことが多岐にわたります。
一方で、専任インフラエンジニアが居ない場合など、新規開発が既存タイトルの運用に引っ張られるというケースも多いのではないでしょうか?
そのようなケースでは、マネージドサービスをうまく活用し、”しないことを増やす”アプローチが非常に重要となります。

GCP では、アプリ実行基盤からデータベースまで、サーバを意識する必要のないマネージドサービスが提供されています。それらをうまく活用することによって、開発速度を高めたり、運用コストを大きく下げることができます。

今回は、GCP を活用して、マネージドサービスを活用してゲーム開発にフォーカスする方法を、事例も交えてご紹介します。

※この会での講演内容は、当日資料の公開や、後日講演内容の書き起こし記事の配信をしない、完全クローズドな内容になります。ご興味のある方はぜひご都合を合わせてお越しください。

お申し込みはこちらから。