CryptoDerbyの実例を元にしたハイブリッド・ブロックチェーンゲーム開発

概要

【TECH x GAME COLLEGE #15】CryptoDerbyの実例を元にしたハイブリッド・ブロックチェーンゲーム開発

ブロックチェーンゲームの魅力とは
ブロックチェーンゲームは、従来のゲームと異なり、ゲーム内資産を実際に所有することができるゲームです。
これによりブロックチェーン上での取扱、各種仮想通貨やブロックチェーン上のトークンとのやり取りを行うことが可能な、極めて先進的なゲームです。多くのゲームユーザーや、仮想通貨ファウンダー、ベンチャーキャピタルなどからの期待が寄せられています。

CryptoDerbyとは?
「Crypto Derby」は、「稼げるゲーム」をコンセプトとしたプロダクトであり、今回のブロックチェーンノードとして得られる報酬も大会参加賞金などの形でユーザーへ還元し、さらに「次世代の稼げるゲーム」を目指しているゲームです。Multi Blockchain game projectとして2019年1月にリリースされました。

Crypto Derby公式

今回登壇いただく竹村氏は、株式会社プラチナエッグにて、ブロックチェーンゲーム黎明期から開発を進めてきた、まさにブロックチェーンゲーム開発の第一人者です。

また、「Crypto Derby」は仮想通過”IOST”のノード運営を行うことにより、IOSTの次世代ブロックチェーンネットワーク上より、トークン報酬、ユーザー招待フィーを獲得する事を可能にしました。投票者にもノード報酬の50%が還元されます。Crypto Derbyで遊んでいただくとともに同社ノードに投票すれば IOST報酬を獲得できるという仕組みです。

こんな方へおすすめ
●今後ブロックチェーンゲームを作ってみたい。
●ブロックチェーンゲームに興味がある。
●ETHEREUM以外のブロックチェーンゲームについて知りたい。

============================

ブロックチェーンゲーム黎明期から開発を進め、リリースまで持ってきたプロジェクト運営について、
かなり手探りで、移り変わりの激しい業界で行った技術選定など、竹村氏のリアルな体験談に基づいた「ブロックチェーンの現状と、課題」や「ブロックチェーンゲームの今と未来」についてお話しします。

お申し込みはこちらから。