【TECH×GAME COLLEGE#25】ビックデータ時代だからこそ、学びなおす問題解決のやり方

概要

ゲームエンジニアに特化した勉強会「TECH x GAME COLLEGE」の今回のテーマは、ゲームデータの分析です。株式会社セガゲームスのデータアナリティクスラボ課長、中村竜太郎氏にご登壇いただき、問題解決のためのデータ分析についてお話しいただきます!

ビックデータ時代だからこそ、学びなおす問題解決のやり方

2012年以降ソーシャルゲーム業界も、ビックデータ、BIによる可視化等の技術的な進歩のおかげでデータに触れるハードルが大きく下がり、業界的にデータを見て業務に取り組む人が爆発的に増え、結果データアナリストという職種の人も増えてきました。

しかしながら、技術的な進歩のスピードに対して、そのデータを扱い分析する上での分析のやり方や考え方に対しての重要性についての認識は業界的に追いついていないと言うのが私の見解です。

データアナリストと聞くとデータをいろいろみて(可視化)見解を述べる仕事と考えられがちですが、結局はゴールと問題を明確にし、データという手段を使って問題解決していくというだけですので、昔からずっと長く存在する「コンサルタント」と求められるものは変わりません。

そしてコンサルタントは問題解決のスペシャリストですので、先人のコンサルタントたちがフレームワークでまとめてくれている「問題解決のやり方」を学ばないで自己流でやるのはデメリットでしかありません

よって王道の「問題解決」のやり方を今一度しっかりと見つめ直すというのを目的として今回の講演でお話しさせて頂きます。

お申し込みはこちらから。